私たちの部活について、
大事にしている考え方や部活の基本情報をご紹介します。

慶應義塾 體育会女子ラクロス部

PIONEER'S PRIDE

慶應義塾は日本に初めてラクロス部を創設しました。
ラクロス界の先駆者としての誇りが、私たちの活動の基礎となっています。

“Pioneer’s Pride”には先駆者としての意味のほか、様々な想いがこめられています。

“使命”
代々受け継がれてきた「強さ」と「想い」を引き継ぎ、目標を果たす使命がある。

“信頼”
仲間を信じ、自分自身を信じて全員で戦う。社会的にも信頼されるチームを目指す。

“挑戦”
自らの意志で、自らが行動を起こし、挑み続ける。

慶應義塾 體育会女子ラクロス部

創部    1988年

練習    火・水・金 ・土(練習試合)・日 (練習試合)

グラウンド 丸子橋グラウンド・荏田グラウンド・日吉陸上競技場

総監督     澤本章
女子部監督   柳田亮子 / 山本まどか
ヘッドコーチ  大久保宜浩

幹部    主将    川久保博子
      主務    三木夏葉

部員数   119名(内MG:5人 TR:7人 AS:4人 学生コーチ3人)
1年生: 24名(内MG:1人 TR:1人 PR:1人)
2年生: 35名(内TR:1人 AS:1人)
3年生: 30名(内MG:1人 TR:2人 AS:1人)
4年生: 30名(内MG:2人 TR:3人 AS:2人 学生コーチ:3人)

PAGE TOP