5月20日 早慶ラクロス定期戦 女子大学戦

@慶應義塾大学日吉陸上競技場

◇早慶戦結果
前半:6-0
後半:3-2
合計:9-2

◇メンバー
〈スターティングメンバー〉
AT
#32友岡阿美
#33西村沙和子
#72吉岡美波
#18荒井理沙
MD
#73伊藤香奈
#51石田百伽
#58清水珠理
#66石川のどか
DF
#62櫨本美咲
#75平井淑恵
#81野々垣眞希
G
#28大沢かおり

〈ベンチ入りメンバー〉
AT
#22清水あも
MD
#97小久保磨里奈
#77橋本ひかる
#17脇坂遥香
#91竹内梨紗
#59日野美咲
#26井上ゆり子
G
#08青山芽生

◇得点者:
伊藤(5)、西村(1)、石田(1)、友岡(1)、清水珠(1)

心地良い日差しの中、第26回早慶戦が行われた。日本一の称号に相応しい、圧倒的強さを見せて行きたい。

 
試合開始。ドローを#51石田が取り、一気に慶應のペースへ。パスを受けた#33西村がゴールに強く向かい、先制点を挙げる。続くドローは早稲田のファールにより慶應ボールでスタート。シュートを外すシーンが続いたが、#51石田からのパスを受けた#58清水が得点、2-0とリード。その後早稲田がセットATに持ち込むが、ボールダウンを冷静に見極めた#73伊藤からターンオーバーし、#51石田の豪快なショットが決まる。続くドロー後も早稲田にボールを譲らず、ゴール裏#32友岡からのパスを受けた#73伊藤が流れるようにシュート、4-0と差を広げる。その後も慶應の猛攻が続き、#73伊藤のシュートが決まり5-0へ。ドロー後、相手にボールが渡るが、粘り強いライドでボールを奪うと慶應のセットATに持ち込む。最後は#73伊藤がゴールに切り込み得点、ハットトリックを達成。慶應は早稲田を圧倒し、6-0と大きく引き離して前半を終える。

 
早稲田の追撃を許さず6-0で迎えた後半戦。このまま慶應の圧倒的な力を見せ続けようとした矢先、一気に早稲田に攻め入れられシュートされるも#28大沢のナイスセーブにより得点を阻止。その後流れを取り戻し#73伊藤のシュートで7-0となり、更に応援席を盛り上げる。しかしその後6分間にも渡る早稲田の猛追が始まり、幾度もシュートを打たれた末、ついにフィードシュートにより1点を許してしまう。続く早稲田の反撃に太刀打ち出来ず、#28大沢の華麗なセーブに救われつつも防戦一方。そしてついに早稲田に2点目を押し入れられる。ここからの巻き返しに意気込んだ慶應は#72吉岡のシュートに続き#58清水もゴールを狙い続ける。#73伊藤のフリーシュートが決まり8-2で再び流れを取り戻した慶應はその後もボールの主導権を握り、右下#18荒井から#32友岡のフィードによって9-2まで差をつける。慶應の粘り強いディフェンスで、その後は早稲田に1点も許さず9-2で慶應が勝利し試合終了。

 
昨シーズン日本一を獲った圧倒的な慶應の力を見せつけた戦いとなった。この流れでリーグ戦でも全勝し、日本一に再度輝く事を誓った。

応援して下さった皆様に心より感謝申し上げます。応援有難う御座いました。

“5月20日 早慶ラクロス定期戦 女子大学戦” への 0 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です