けがを乗り越え、真のアタッカーへ。荒井理沙の新たな決意

リーグ戦も折り返しを迎え、順当に勝利を重ねる慶大。前節の青学大戦では悪天候にも翻弄されたが、持ち前の勝負強さで3勝目を奪った。FINAL4進出を大きく手繰り寄せたこの試合で、密かに自身の成長を実感した選手がいる。ATの荒井理沙だ。

彼女がラクロスを始めたのは、小学生の時にユニフォームに憧れたのがきっかけだった。中学時代はプレーから離れていたものの、高校ではその腕前から主将を務めるまでに。大きな期待を背負い、大学でもラクロス部に入部した。しかし、1年生の秋。アクシデントが彼女を襲った。練習中に転倒し、膝の前十字靭帯を断裂。選手生命さえ左右することもある大けがで、手術を余儀なくされた。だが、彼女は決してめげなかった。「悔しい思いをすると嫌になるから、今年の自分に期待をしないで準備して、来年頑張ろうと思った」。客観的に、冷静に自分を見つめ、地道にトレーニングを続けた。

けがの間も戦術理解のためにトップチームにいた彼女は、8ヶ月のリハビリを乗り越え、昨年夏に練習に復帰。しかし、ほかのトップチームの選手と比べると、長い間離脱していた分だけ体が鈍ってしまっていた。「落ちるって思ってはいたけど、意外と悔しかった」。サブチームに落ちて悔しさを感じた時期もあったが、Vリーグや準リーグで試合への出場機会も徐々に獲得していく。運動量を考慮して、ポジションもMFからATに変更。しかし、自分の強みをどう生かすのか、明確には考えられていなかった。彼女はそんな時期を「今思えばあまり目的なくやっていた」と振り返った。

今季は六大学戦、早慶戦、そしてリーグ戦でもスタメン出場を果たしている荒井。大けがを乗り越えて着実に前進を続けている。しかし、彼女はこれまでの自分のプレーにまだ満足している様子はなかった。「自分の代わりは別に誰でもいい」。そんなことが頭をよぎることもあったという。カットやパスをもらって打つことは得意だったが、仕掛けることには恐怖感や苦手意識があり、4年に頼ってしまう部分が多かった。

リーグ戦第3戦の青学大戦。慶大は立ち上がりに失点し、試合の流れは相手に傾きかけた。そんな中、シュートのリバウンドを奪い、器用にゴールへ打ち込んだのは荒井だった。これを機に慶大は好調な試合運びを見せ、チームは勝利。そして、荒井にとってリーグ初ゴールとなったこの1点は、大きな一歩の成長を表すものでもあった。「絶対にいっぱい仕掛けようと思っていた」。その強い思いが体現された瞬間。苦手なことにチャレンジし、「自分に自信が持てるような強いプレーができるように」。真のアタッカーに進化を遂げる荒井が、前線からチームを引っ張っていく。

“けがを乗り越え、真のアタッカーへ。荒井理沙の新たな決意” への 0 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です